みやまの蛍丸フェスティバル

主催:みやまの蛍丸フェスティバル実行委員会/共催:みやま市観光協会/後援:福岡県みやま市

「延元元年三月二日、筑前多々良浜にて足利尊氏らと戦い、敗れた阿蘇大宮司は肥後へ戻る途中、負った傷が深く、とても帰郷できぬと、自らが振るった太刀を義弟に託し自刃する。
奮戦の跡が残る太刀を託された義弟・惟澄は、自らもそれを振るい、追手からの追跡を辛くも逃れ帰途につくが、太刀は鋸のように刃がぼろぼろになってしまった。
するとその晩、太刀に、蛍のような光が飛来し、群がった。翌朝目覚めて太刀を検めると、激戦でぼろぼろであったはずの刀身は元の美しい姿となっていた」

肥後国一宮阿蘇神社の宮司家に伝わるこの伝説、阿蘇家家宝・蛍丸の名の由来として知られています。
福岡県みやま市海津には、その惟澄が敗走中、追手から匿われた時に建てたと伝わる阿蘇神社がございます。
惟澄が最初に建てた地から、今の地に遷座して今年で400年。
伝説がふたつの地を結び付けたご縁で、「蛍丸」をテーマに、より蛍丸のことを、その背景を、伝承を語り継ぐ地域のことを、皆様に知っていただきたいと、「みやまの蛍丸フェスティバル」開催の運びとなりました。

◆日時  令和4年11月12日(土)・13日(日)
◆場所  みやま市総合市民センター(福岡県みやま市瀬高町下庄792番地1)
     みやま市立図書館(福岡県みやま市瀬高町下庄800番地1)

※みやま市総合市民センターは令和4年9月竣工の施設です。
 新型コロナウイルスの影響により、やむを得ず場所を変更する場合がございます。

<新型コロナウイルス感染症対策について>

より安全な環境を維持するためご来場のお客様へご協力を賜りたく、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

・ご来場前に検温など体調管理のご協力をお願いいたします。
・発熱、咳などの症状がある場合は体調を最優先いただき、ご来場をお控えください。
・新型コロナウイルス感染症の陽性者との濃厚接触がある方、同居家族や身近な知人の感染が疑われる方のご来場はご遠慮ください。
・手洗いや備え付けの消毒液のご使用、咳エチケットのご協力をお願いいたします。
・整列時や入退場時のソーシャルディスタンスの確保など、感染予防および拡散防止に可能な限りご配慮ください。
・混雑が予想されますので、必ずマスクを着用の上ご来場ください。
・過去14日間以内に感染が引き続き拡大している国・地域に訪問歴がある場合は、ご来場をご遠慮ください。
・マスクを外しての会話や大きな声での会話はご遠慮ください。
・新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の導入をご検討ください。
・ご来場の際、体調がすぐれない場合はお近くのスタッフまでお声がけください。

開催地

第一会場

みやま市総合市民センター(MIYAMAX)
福岡県みやま市瀬高町下庄792-1
※令和4年秋新規開館予定の建設中施設です。新型コロナウイルス感染症の流行状況等により、会場が変更となる可能性がございます。

地図

アクセス

JR鹿児島本線瀬高駅から徒歩約20分

第二会場

みやま市立図書館
福岡県みやま市瀬高町下庄1826-1
第一会場と第二会場は徒歩3分の距離です。

レンタサイクル

道の駅みやま・JR瀬高駅前にレンタサイクル施設を準備中です。
みやま市は細い道が多く、自動車移動が困難な箇所も多くありますが、レンタサイクルならスムーズ。
筑後平野は平坦な地形ですので、体力にあまり自信が無い方も楽にお乗りいただけます。
過ごしやすい秋の1日、レンタサイクルで爽快に歴史巡りをどうぞ。

お問合せ

みやまの蛍丸フェスティバル
実行委員会

代表 : 江良智香
hotafes1336(at)gmail.com

(at)を@に置き換えてご送信ください

下記フォームからもお問い合わせが可能です。
必ずお名前と返信先メールアドレス、タイトルをご記入ください。
追って折り返しメールをご返信いたします。